コンドルとスティールダーツとの相性

どーも熊五郎です。

今日もなんですが、ジャパニーズガイTVさんの動画が面白かったのでご紹介したいと思います。

まずコンドルなんですが、知っている人も多いと思いますが、フライトとシャフトが一体型になっているものです。

素材に弾力性があり、折れないから耐久性が良いところがメリットのコンドルです。

柔らかく壊れにくいコンドル

CONDORフライト ブラック <ロング スモール>

CONDORフライト ブラック <ロング スモール>

これがコンドルです。完全なる一体型ですし、素材が柔らかい為途中で折れたりしません。

実際に私も1年位スティール、ソフト両方で使っていました。実際に本当に壊れません。買い換えるタイミングはネジ山が馬鹿になった時かフライトの羽部分が曲がりすぎて見た目でこりゃ~買い替えだなって思ったときです。私の感覚ですと大体2.3ヶ月は持ちます。

いままで使ったフライトやシャフトの中で一番壊れにくいというのは正しいと思います。

それで下のガイさんの動画なんですが、

特にガイさん自体はなにもコメントしてないんですよね。この動画見て各自考えてみてねっていうことで。

まずは動画をご覧になった後で、思った事を書いてみようかと思います。

 

GUYさんの動画

コンドルをなげてみたくなる動画 This video make you wanna try Condor Flights

いかがでしょうか?見方によっていろんな解釈ができると思いますが、私はこう感じました。

 

①コンドルの弾力がありすぎて、グルーピング時に弾いてしまう(スタッキングにもよろしくない)

②バンスアウトしやすい(ダーツボードに当たったダーツが刺さらずに跳ね返ってしまうこと)

この動画を見る限りスティールにはこの柔らかい弾力のあるコンドルが向いていないというのがわかります。

この時期になんで昔からあるコンドルのこんな動画をあげたのかなってかんがえると恐らく…。

 

実はコンドルの新しいver.である CONDOR AXE(コンドルアックス) が先日発売されました。

この新しいコンドルは柔らかい従来のコンドルの悪い所を改善させてであろう仕様になっていたのです。

 

新しいコンドル

CONDOR AXE(コンドルアックス) スタンダード

これが新しい硬いコンドルです。

TRiNiDAD(トリニダード) CONDOR AXE(コンドルアックス) スタンダード (ダーツ フライト) TRiNiDAD(トリニダード) CONDOR AXE(コンドルアックス) スタンダード (ダーツ フライト) TRiNiDAD(トリニダード) CONDOR AXE(コンドルアックス) スタンダード (ダーツ フライト)

今までとなにが違うかというと

①バネのような弾力性 0.4mm極薄仕様の羽部分。指潰しても元に戻り完璧な90度を保ちます

②いまだかつてない弾力性 桁違いの耐久性

③従来のコンドルより重い。1.45g

③フライトがぶつかる心地よい音 従来のコンドルとはまた違う、狙い方が可能に

④これまでに無い透明感のクリア 1.2投目のダーツが気にならない高い透明度のクリアがラインナップ

というのがメーカーからのポイントです。

 

まだ実際に使ってみた的な動画がまだ出回ってないようなので、出たらまたブログにしようかと思います。

 

追記:2019/8/02

guyさんが新しいコンドルの動画をアップしましたの紹介します!

コンドルAXEグルーピングチェック Condor AXE Deflection Check

 

この動画をみて思った事なんですが、guyさんが上手いってことですね(笑)

柔らかいコンドルよいも確かにこっちの硬い方が弾かれにくいとは思いますが、やはり新しいコンドルじゃなきゃいけない理由がありません。

guyさんのグルーピング力までいくと弾かれまくりなんで、スティール向けではないんだろーなーと思います。

ソフトだとどうなんだろーなーって気もしちゃいますが、ソフトなら従来の柔らかいコンドルの方がよいのかと思ってしまいます。

うーん。今回のコンドルは…。

自分で投げてみないとわかりませんし、もうちょっと情報がほしい所ですね。

 

新しいコンドルはハイブで売ってます!

CONDOR AXE(コンドルアックス) スタンダード

 

 

2019/0820追記

GUYさんがまた新しいコンドルの動画を更新されていたので、紹介します。

実際に新しいコンドルをGUYさんのバレルにつけて、いろんな角度で見られるので購入を考えている人は絶対にご覧ください。

相変わらずGUYさんがめちゃくちゃ上手いのは再確認なんですが、結果からするとこの新しいコンドル速攻折れてしまうんです。

はじかれたダーツが、マットを超えてフローリング部分に落ち一発KOです。

 

 

どうでしたか?ちょっとこれだと辛いですよね。

それでこの動画のコメント欄を見ていると、折れた現物を近くのTito shopに持ち込めば交換してもらえるみたいです。

ただこんな頻度折れてしまったら行くのも面倒ですよね。近くになければ持ち込めないでしょうし。

社長もテスト段階ではこんなに折れることがなく、製造過程なにかが?あったのかもしれない。すいませんと生放送で謝っていたらしいですからね。

先行き怪しいAXEですが、ヤンマーがアジア大会を制したときにこれを使っていたので、なんとも言えないですね。

 

今の段階だと、修正されないとちょっと使うのは難しいのかなって感じがしています。
 

 

 

ダーツライブ200S   ダーツハイブ    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ