マイダーツの選び方(バレル編)

 

ダーツは「バレル」「フライト」「シャフト」「チップ」という4つのパーツから構成されています。

パーツの構成

各パーツは取り外しが可能となっており、各メーカーから様々な形状、デザインの物が販売されているでの、自分にあったパーツを探してみよう!

 

【バレルの素材】

ダーツで一番重要なパーツはバレルです。

バレルの素材は大別すると、「タングステン」「ブラス(真鍮)」の二種類があります。

タングステンダーツ

 

タングステンはレアメタルと言われ、金属の中でも同質量で重みがあり、細くても重さのあるバレルを作ることができます。

トリプルやブルなどの狭い場所を続けて狙う場合は、細い方がはじかれるずらく、ダーツに適した金属である事がわかります。

ブラスダーツ

ブラスは比重が軽いため、重量を得るためにバレルが太めになります。
握りやすく、また価格もタングステンに比べて安価なため、初心者におすすめです。

ブラスダーツはタングステンと比べ、比重が軽い為その分太めのバレルになります。

太めのバレルは狭い所を狙った場合に当たりやすく、比重も軽いので弾かれやすくなります。

ただし、タングステンと比べ安価ですし、太めのバレルは初心者の方もグリップしやすいので、

いきなりタングステンで高価な物を買う前に試してみたいなんて時のファーストマイダーツには適していると思います。

 

 

 

【バレルの形状】

形も様々な物があり、大別すると「ストレート型」「トルピード型」「砲弾型」の三種類があります。

 

ストレート型

 

画像のような細身でまっすぐtの形状のバレルをストレート型と呼びます。バレルが細いため、グルーピングに適してますが、非常にバランスを取るのがが難しく、初心者には絶対おすすめしません。色々試してみて、やっぱりストレートがよいという場合以外は買わないでくださいね。とにかく難しいです。

 

トルピード型

 

バレルの形の中で最もスタンダードな形がこのトルピード型。ストレートと違い後ろから前にかけて少しづつ太くなっていくのが特徴です。

ダーツを投げる時に、自然と力が伝わる優れものです。たくさんの種類のバレルが販売されていますが、大方はこのタイプになります。

ファーストダーツにおすすめの形状です。

 

砲弾型

 

短かいので、グリップ位置も3本とも同じく所を握りやすく、前に重心があるので比較的よく飛びます。

バレルが太いので、握りやすいのも◎です。

ちなみに私のファーストダーツはこの砲弾型でした。

当時はなんにも知らないで買って投げてましたが、下手くそながらビュンビュン飛んで行くイメージは今も懐かしいですね。

トルピード型でしっくりくるバレルがなければ、砲弾型を選択するのもアリかと思います。

 

■ダーツ入門編■ 次回は【マイダーツの選び方(フライト・シャフト編)】です。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ