基本ルール

 

ダーツのルールはゲームによる違いがかなりありますが、それはゲームの種類のページで説明するとして、

ここでは超基本的なルール(マナー)について説明していきたいと思います。

1.ダーツは人に向かって絶対なげないでください。突き刺さるんでやめてくださいね。大怪我します。

 

2.他人のマイダーツを勝手に使わない。

マイダーツには愛着があります。自分のダーツを知らない人が勝手に投げたら、私も絶対嫌です。

逆に投げさせてくださいって言われたら、絶対貸します。自分のダーツに興味をもらってもらえるのはうれしい事なんですよ!減らないし、壊れないし普通に貸します。一声かけてください。

 

3.野球投げは禁止です。ダーツも壊れますし、ボードも壊れます。何よりダーツなめてんのか!?って思います。

よく、アミューズメントスポットや、満喫の投げ放題行くと見かけますが、非常にかっこ悪いのでNGです。

ダーツは力はいらないスポーツなんで、野球投げしたければ、バッティングセンターかどっかに行ってくださいw

 

4.ダーツはどのゲームでも3本1セットです。矢がボードに刺さっても刺さらなくても3本投げたら終了です。

 

5.他の人がダーツをしている時は視界に入らないように配慮してください。メンタルスポーツなんで、気が散ったり気にする人はたくさんいます。

特にありがちなんですが、プレーしている人がいるのに、前を横切るなんて事は絶対しないでくださいね。知らないでやっているんだと思いますが、3本投げ終わった後にプレーヤーチェンジのボタンを押すので、その時に通るようにしてください。これやられると結構ムカつきます。

 

概ねこんな所だと思いますが、ルールというよりマナーですね。イギリス発祥の紳士のスポーツですからね。

私も師匠にマナーで怒られた事があります。投げている時に視界に入った時でした。

ちゃんと注意してくれる人は正直あんまりいませんので、この5点は最低限守るようにしてください。

楽しく紳士にふるまいましょう!

 

■ダーツ入門編■次回は【ダーツボードまでの距離】です。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ