家で投げる

 

家で投げるとは家でダーツボードを設置して練習するという場合ですね。

この場合、すでにいろんなお店でダーツを投げ、本気になってダーツを練習
しようかと考えている人が多いのではないでしょうか?

それでじゃー何を買えば家で練習できればというと、
まずはダーツボードから説明しましょう!

家での練習の場合はダーツボードが2種類あります。

①ソフトダーツボード
②ハードダーツボード

ダーツボード比較

ソフトボードは「エレクトロニックダーツボード」と呼ばれ自動計算機能やゲームを盛り上げる演出機能のついたタイプがあり、家族や友人と楽しめるのがメリットです。

ただし、ソフトダーツボードはダーツを投げて刺さった時の音が大きく深夜の使用などには適しません。(最近は音の静かなソフトボードも開発されてきてます)

練習用として、刺さった時の音が静かなハードボードを選択する場合が多いですね。

ハードボードは麻でできおり、それにチップではなく、針のような物をつけて投げるので音がとても静かです。

ただし、ハードボードを選択する場合はソフトのセットで練習すると、ボードの盤面がすぐにダメになってしまいます。

この場合はチップの代わりにコンバージョンと呼ばれる、チップのような取り外し自由な器具が市販されているので、それをつけて練習すると良いでしょう。

ちなみにこんな感じなものです。【リップのコンバージョン】がおすすめです。

Lスタイル L-style ハードリップ

 

ハードボードの最大の注意点はソフトボードと比べ、シングル、ダブル、トリプルの面積がとても小さいです。なので、一投一投入る入らないを気にしてしまうと、嫌になってしまうかもしれません。

ただし、ハードボードの大きさに慣れればソフトボードを見た時トリプルデカッってなりますよw練習にはとてもよいと思います。

ソフトボードセット、ハードボードセットはダーツハイブで、20,000~30,000円位で買えます。

ソフトダーツボードセット/ハードダーツボードセット

 

ちょっとお金が掛かっちゃいますが、お店で飲食代、ゲーム代を考えれば、すぐに元は取れると思うので、本気でやりたいなら購入をおすすめします。

 

■ダーツ入門編■ 次回は【ハウスダーツ】です。

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ