点数の数え方

 

ダーツの点数は、「BULL(ブル)」「トリプル」「ダブル」「シングル」の4つのエリアから構成されています。

点数の数え方

 

【BULL(真ん中)】

BULL(ブル)

ブルは真ん中の部分の事です。真ん中には2種類あって、画像の真ん中の黒い部分を「インナーブル」その外側の赤い部分を「アウターブル」といいます。

カウントアップや501などのゲームではどちらに入っても点数は通常50点ですが、クリケットなどのゲームの場合には「インナーブル」は2本分、「アウターブル」は1本分とゲームによってインナーブル、アウターブルで区別する場合もあります。

 

【トリプル】

トリプル

トリプルは画像の赤色の半透明の部分になります。ここは内側の数字が書いてある、点数の3倍の点数になります。

ブルより高い点数は4つしかありません。20トリプル=60点/19トリプル=57点/18トリプル=54点/17トリプル51点の4種類です。

ただし、ブルに比べトリプルは面積が小さい為、入れるのは難しいです。

クリケット以外のゲームではブルを狙うのがセオリーです。ダーツを初めて間もない方はまずダブルとトリプルの間のシングル部分に

入れる練習をしましょう。(練習方法はダーツ実践編で詳しくお話したいと思います。)

 

【ダブル】

ダブル

ダブルは緑色の半透明の部分です。ここは内側の数字が書いてある、点数の2倍の点数になります。

初心者の方はあまり狙わない部分となりますが、上級者になると501などのゼロワンゲームで

20のダブル、16のダブルなどで、ピッタリにして上がるようになります。

初心者の方はあまり気にしないでもOKです。

 

【シングル】

シングル

シングルは茶色の部分以外の場所(白と黒の部分)で、ここは内側の数字が書いてある、点数そのままになります。

トリプル、ダブルと点数が高い部分を説明したので、じゃーシングルなんて狙わなくていいんじゃん?と思うかもしれませんが、

3本投げて、狙ったシングルに入らない人はトリプルやダブルはまず狙えません。たまたま入るかもしれませんが、非常に確率が低いのです。

最初の頃はここに3本入れる!と決めてしっかり3本入れる練習になります。ダブル、トリプルはその後練習することになります。

 

大体の点数の数え方がわかったら、シングルを狙う練習するんだなと、覚えておいてください。

 

■ダーツ入門編■次回は【基本ルール】です。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ